スポンサードリンク



更新日:2017/11/27

オメガ3(DHAやEPA)効果・効能まとめ|オメガ3について解説

DHA,EPA,オメガ3,効果

私たちの生活に欠かせないものの1つに、オメガ3(DHAやEPA)というものがあります。オメガ3(DHAやEPA)はコレステロール値を下げたり、血液をサラサラにしてくれる作用などがあるとされています。

 

オメガ3は不可欠な成分ですが、体内で作り出すことができない栄養素です。食べ物やサプリなどから、積極的に摂取する必要があります。私たちの生活、健康に大変良い影響を与えてくれるオメガ3を詳しく簡単に解説していきます。

 

オメガ3の効果や効能とは

オメガ3は、体の調子を整えたり、脳の働きをサポートするなど、様々な効果が期待できます。オメガ3の中でも、特にDHA・EPAは様々な効果が期待できるので、健康維持のためにもぜひ取り入れたい成分です。

 

コレステロール値を下げる 中性脂肪の低下 脂肪肝予防
動脈硬化の予防 心筋梗塞の予防 高血圧予防
大腸がん予防 ダイエット メタボ予防
脳の活性化 認知症予防 美肌効果
うつ病など精神疾患のリスク軽減 アトピー、アレルギーの緩和 便秘解消

 

そして、DHAとEPAはそれぞれ、得意な部分があります。そのため、目的に合わせて成分を選ぶ事もできます。詳しい情報は関連記事からどうぞ。

 

DHAやEPAはオメガ3脂肪酸

DHAやEPAは私たちの体に欠かせない脂肪酸で、青魚に多く含まれていると言われています。この脂肪酸は、様々な病気の予防や脳の活性化を促してくれる役割を持っているので、積極的に摂取しなくてはなりません。

 

そしてDHAやEPAは、オメガ3に分類される不飽和脂肪酸で、私たちの細胞が正常に機能するために必要不可欠なものになります。

 

オメガ3ってなに?

オメガ3とは魚の油に多く含まれているDHAやEPA、DPA、エゴマなどの植物油に含まれているa-リノレン酸などの脂肪酸の総称になります。

a-リノレン酸ってなに?

a-リノレン酸は体の中では作ることが出来ないもので、食物やサプリなどでしか取ることが出来ない必須脂肪酸とされています。またa-リノレン酸は体内でDHAやEPAに変換され、様々な炎症を抑えるように働き、成人病の予防やアレルギーやアトピーの防止、脳を活発にすると言われています。

オメガ3が多く含まれるものは?

ここまで見た限りでも私たちの体にとって良いということがハッキリと分かるオメガ3ですが一体どんな食品に多く含まれているのでしょうか。

 

青魚

DHA,EPA,オメガ3,効果

DHAやEPAはオメガ3の脂肪酸になりますが、中でもサバ、アジ、イワシ、サンマの青魚が多く持っているとされています。青魚が苦手な方でも、缶詰だと食べやすい事もあるので、利用してみましょう。

くるみやアマニ油、シソ油、大豆

これらの植物にはa-リノレン酸が含まれていますのでオメガ3の一種となります。

オメガ3はサプリでも!

DHA,EPA,オメガ3,効果

オメガ3は私たちの体の中では作られないため、食品から摂取しなくてはならない必須脂肪酸ですが毎日意識して摂取するのも大変だと思います。

 

実はサプリでもオメガ3は摂取できますので、これも1つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の比較

 

脂肪酸の種類 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸
多く含む食品

牛や豚

特徴 体の中で増加すると、病気を引き起こす原因となり、血中コレステロール値や中性脂肪を増やす。 中性脂肪の低下や悪玉コレステロールの減少。脳神経の発達やアレルギー症状の緩和を助ける。
性質 常温で固まる。 常温で液体になる。

 

オメガ3とは不飽和脂肪酸となります。どちらも無くてはならない脂肪酸ですが、飽和脂肪酸は過度に摂取してしまうと、食べた量と使った量の差が脂肪として蓄えられ肥満へとつながり悪影響を及ぼしてしまいます。

 

そして不飽和脂肪酸は真逆で、様々な疾患を予防してくれたり体にとって良い働きをしてくれる脂肪酸です。私たちの体の中では作ることが出来ないため、食物やサプリからしか摂取できません。

まとめ

私たちの健康のためには欠かせないオメガ3。名前は聞いたことがあっても、なかなか詳しく知ることが無かった人も多いのではないでしょうか?血液サラサラ効果で成人病の予防になり、認知症の予防などに効果が期待されています。

 

油や脂肪酸と聞くと、どうしてもマイナスのイメージを持ちやすいですが、キチンとした知識を知ることで体に良い油があるということ、また積極的に摂取すべきだということが分かります。

 

それを知ることで自分や周りの大切な方の健康管理や、様々な予防にも役立ちますよね。過度に摂取してはいけない油、積極的に摂取すべき油を使い分けながら日常生活を少し意識して暮らせたらいいですね。

スポンサードリンク