スポンサードリンク



更新日:2017/11/27

EPAとは?【現代人の食生活はEPA不足】

EPAとは

EPAとは、Eicosapentaenoic Acid(エイコサペンタエン酸)の略でDHA同様、必須脂肪酸の一つです。必須脂肪酸とは人間が生きていく上で必要な脂肪酸をいい、食事によって摂り入れる必要のある脂肪酸を指します。この必須脂肪酸の一つにEPAが挙げられるのです。言ってしまえば、必須脂肪酸を摂らなければ我々人間は生きていけないということですね。

 

DHAは子どもにおすすめしたい成分なのに対して、EPAは大人向けで、血液・血管の健康維持に重要な成分です。動脈硬化の改善や、花粉やアトピーの改善、中性脂肪を減らす効果など、大人の悩みに「効く!」効果がたくさんあります。ここでは、EPAについて解説します。

 

 

EPAの効果についてまとめ

EPAをおすすめしたいタイプの方

中性脂肪が気になる方・血液検査の結果が気になる方・コレステロールが気になる方・血液サラサラになりたい方など

 

魚に多く含まれているDHAとEPA。この2つの栄養素はよく似た成分です。しかし、期待できる効果が少し違うので2つの成分を比較してみました。

 

 

EPA

DHA

正式名称 エイコサペンタエン酸 ドコサヘキサエン酸
体内への行き先 全身の細胞に取り入れられる 脳・網膜に取り入れられる
期待できる効果 血圧降下・動脈硬化予防・高脂血症・中性脂肪低下 痴呆症・ガン抑制・抗炎症・脳細胞の活性化・視力改善
共通の効果

LDLコレステロール低下・血栓を防ぐ・アレルギー緩和

特徴 血液サラサラ効果 脳の働きの欠かせない成分
弱点

熱に弱く酸化しやすい

 

特徴を見ると、EPAが血液サラサラ効果が期待出来る成分なのに対して、DHAが脳の働きをサポートすることがわかります。つまり、2つの成分は共通の効果と、それぞれの働きをもつ効果があるため、目的に合わせて選ぶことが大切なのです。

日本人はEPA不足の人が圧倒多数!?

 

毎日、EPAを摂れていますか?と質問されると、多くの方は「何それ?」と思いますよね。ビタミンやミネラル、カルシウムといった成分は何となくどういった食品に入っているのか理解している方は多いですが、EPAと言われてもいまいち分からないという方が多いでしょう。

 

ではまず、EPAを多く含む食品を見てみましょう。

 

食材

可食部100gあたり(mg)

まいわし

1381

本マグロ

1288

さば

1214

ぶり

899

さけ

492

あじ

408

 

 

こうして見ると、EPAが多く含まれている食品は魚、特に青魚に多いことが分かります。EPAの1日の目安摂取量は1g程と言われていますので、毎日1〜2食は青魚を食べる必要があると言えます。

 

しかし、食の欧米化が進んでいる現代の日本人にとって毎日、魚、特に青魚を食べているという方は少ないのが現状です。ということは、現代の日本人の大半がEPA不足に陥っているということなのです。

魚以外でEPA摂取は難しい

 

EPAを含む食品は魚以外にも存在します。まずは、魚以外の食品でEPAが含まれているものを見てみましょう。但し、注意して頂きたいのがEPAの含有量ですね。

 

食材

可食部100gあたり(mg)

うずら卵(生)

34

ビーフジャーキー

24

ナチュラルチーズ

20

牛ヒレ肉(生)

12

 

魚以外でEPAを含んでいる食品

EPAの1日当たりの目安摂取量は1g程と言われていますが、魚以外の食品の場合、EPAは含まれているものの100g当たり(可食部)の含有量が魚と比べると明らかに少ないのです。

 

また、魚以外の食品でEPAの1日当たりの目安量を毎日摂取しようとすると、カロリーや塩分、脂肪分の摂り過ぎになってしまう為、現実的ではないのが現状です。

 

更に、EPAは熱に弱いという特徴を持っている為、加熱調理してしまうとEPAの栄養分が壊れてしまい更に摂取量が減ってしまう為、EPAを摂る為に魚以外の食品を食べるというのは難しいと考えて良いでしょう。

魚以外にEPAを摂るにはサプリがおすすめ

魚が苦手という方や魚を食べる頻度が少ないという方にとって、EPAを摂るにはどうしたら良いのでしょう?「DHA・EPAの摂り方」にて詳しく紹介していますが、現実的に考えるとサプリメントで摂り入れることが一番簡単だと言えます。

 

最近は、EPAが含まれたソーセージやクッキーなども販売されていますが、毎日食べるとなるとどうしても飽きてしまいがちですね。また、毎日の必要摂取量をこうした商品で摂るとなると価格的にも気になるところです。サプリメントでしたら、毎日決まった量を飲むだけですので気楽ですし続けやすいといえるでしょう。

EPAはサプリメントで摂る

 

人間が生きていく為に必要な必須脂肪酸であるEPA。不足してしまうことで様々な体調トラブルが起こりやすくなりますので、注意しましょう。

当サイトが調査した47種類のサプリの中でNo.1のEPA含有量を紹介

【さかな暮らし】

さかな暮らし

6粒:DHA260mg/EPA600mg

 

臨床試験で飲用4週間で、中性脂肪が減少した事がわかった「機能性表示食品」です。1日に約イワシ3.5尾分のEPA&DHAが摂取できます。健康診断の数値が気になる方はもちろん、血液サラサラ効果を実感したい方におすすめです。

 

内容量 価格(税込) 定期(税込)

120粒

1日6粒

3,024円

(送料250円)

2,722円

(送料250円)

 

口コミはこちら公式はこちら

【イマークS】

イマークS

1本:DHA260mg/EPA600mg

 

血中中性脂肪を低下させる作用が認められたヨーグルト味のドリンクです。有名食品メーカーのニッスイだから安心して利用できます。口コミでは「おいしくなかった・・・」という声もありますが、お試し10本セットが1,000円(送料無料)なので、中性脂肪でお悩みの方は1度利用する事をおすすめします。

 

内容量 価格(税込) 定期(税込)

100ml

1日1本

6,480円

(20本)送料500円

5,400円

送料無料

 

口コミはこちら公式はこちら

スポンサードリンク