スポンサードリンク



更新日:2017/11/27

DPAとは?ドコサペンタエン酸についてまとめ

DPAには、様々な健康増進に関する効果が期待できると考えられています。しかし、DHA&EPAのように認知度は低いため、あまり知られていません。

 

DPAは、EPAよりもサラサラ効果が期待できると言われている成分です。ここでは、今注目の成分「DPA」の具体的な効果や効能についてまとめました。

DPAが多く含まれているのは?

魚

DPAがも多く含まれている食材は、基本的にはDHAやEPAと同様、青魚などに多く含まれています。具体的にはサバ・サンマ・イワシなどですが、その他にもサケやハマチなどにも含まれています。なので、普段肉中心の食事を摂っている…と言う人は、出来るだけ食卓に魚料理を出すように心がけることが大事ですね。

 

アルギニンと一緒に摂ると効果アップ

 

DPAの効果をよりアップさせるには、アルギニンというアミノ酸の一種と一緒に摂ると良いとされています。アルギニンが多く含まれる食品は、大豆製品や鶏肉、ナッツ類や玄米などです。

 

DPAを取り入れるならば青魚やサプリからの摂取を

 

DPAの成分は、マンボウやアザラシに多く含まれています。もちろん、市販されている青魚にも含有されているいますが、青魚からだけでは十分にDPAを摂取することが難しいという認識が一般的です。

 

そのため、DPAの成分が配合されたサプリメントを上手に活用することをおすすめします。DPAの入っているサプリメントが、複数のメーカーより市販されています。日常的に摂取しながら、健康増進に繋げていきましょう。

DPAの効果や効能

青魚にDHAやEPAという健康に良い成分が含まれていることは比較的知られていますが、DPA(ドコサペンタエン酸)というのを知っている!と言う人はまだ少ないかもしれませんね。DPAというのは、DHAやEPAと同じように魚の油に多く含まれる「オメガ3系脂肪酸」の一種です。

 

DPAの効果とは?

 

おすすめ

DHAの主な効果は脳を活性させて記憶力などをアップさせるほか、血管をしなやかにして動脈硬化を防ぐ、EPAの主な効果は血液をサラサラにしたり中性脂肪を下げる効果がありますが、DPAにもそんなEPAと同じように、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

 

ただ違うのは、DPAにはなんとEPAの約10倍近くものパワーがあるということです。そしてDPAの具体的な効果というのは、血液をサラサラにすることで動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞を予防します。

 

さらに、中性脂肪やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)、血糖値を下げるほか、高脂血症の予防やがん予防などにも効果が期待されていることです。

 

DPAがおすすめなのは

 

30代や40代になって人間ドックで中性脂肪やコレステロール値でひっかかった人や、ついつい偏った食生活・不規則な生活になりやすい人は特にDPAを積極的に摂ることをおすすめします。

血液をサラサラにしてくれる作用

 

DPAの最大の作用としては、血液をサラサラにしてくれるという点が挙げられています。DHAやEPAなどと同じ不飽和脂肪酸に分類される成分ですが、これらの同じ脂肪酸に比べて突出し血液をサラサラにする効果が期待できると考えられています。

 

そのため、血管の状態を良好に保ち、血液の質を高めることにも貢献すると考えられ、DPAの摂取が強く推奨されています。サラサラで良質な血液に近付くことで、病気になりにくくなるという作用も期待できるのではないでしょうか。

生活習慣病の予防に効果を発揮

 

DPAは生活習慣病の予防にも効果を発揮する成分として取り上げられています。血液をきれいにしてくれる作用があり、脳梗塞や心筋梗塞などの疾患にかかるリスクを下げてくれると考えられています。

 

また、血圧のコントロールもDPAの重要な役割として挙げられ、その効果も生活習慣病のリスクを下げることに関わっています。病気になりにくい体質を作ってくれることから、健康を気にすることにはぴったりの成分であると思います。

肥満傾向の人たちにおすすめ

 

肥満傾向の人たちに対しては、特にDPAの成分を摂取することがおすすめされています。通常の体型の人に比べて、生活習慣病に罹患するリスクが自ずと高まるため、血液をサラサラにしながら対処することが求められているためです。

 

また、中性脂肪の数値を下げることや、血中の老廃物を排出することもできると考えられ、肥満の体質を改善することに貢献します。普段から意識的DPAを摂取できるように配慮していくことで、肥満傾向の人でも健康管理ができるのではないでしょうか。

当サイトが調査した47種類のサプリの中でのDPA含有量ランキング

【ハピネスマンボウサンQ】

ハピネスマンボウサンQ

3粒:DHA52.8mg/EPA44.4mg/DPA57.6mg

 

マンボウの肝油が3カプセルあたり、57.6mg含まれています。マンボウは年々漁獲量が減っており、しかもマンボウ1匹から採取できる肝油は1リットル程度なので、とても貴重な成分だといえます。定期コースは2回目までの継続が必要なので、定期コースが不安な方は「初回お試し半額2袋セット」の利用がおすすめです。

 

内容量 価格(税込) 定期(税込)

45粒×2

1日3粒

11,340円

9,070円

初回3,900円

 

口コミはこちら公式はこちら

スポンサードリンク