スポンサードリンク



更新日:2017/11/27

DHA・EPAで血液サラサラに!

血液をサラサラにしたい!という方へDHA・EPAをおすすめします。テレビや雑誌でよく見聞きする「サラサラ血液」。血液がサラサラなことで、健康効果が高くなることは知られていますね。対して様々な病気の原因ともなるドロドロ血液。

 

DHA・EPAでコレステロールと中性脂肪を除去

身体にとって良くないことは分かるものの、血液がドロドロだと何がいけないのか分からないという方も多いでしょう。そこで、DHA・EPAは血液をサラサラにする効果に優れているのか?血液はサラサラである必要があるのか?詳しく見ていきましょう。

DHA・EPAがドロドロ血液を改善

血液中のコレステロールや中性脂肪が多いことで起こるドロドロ血液ですが、このドロドロ血液をサラサラ血液にする効果のある成分としてDHA・EPAが挙げられます。

 

DHA・EPAの血液サラサラ効果
  • 血液中のコレステロールを正常化する効果
  • 血液中の中性脂肪を除去する効果に優れています

 

その為、DHA・EPAを積極的に摂ることで血液中のコレステロールや中性脂肪が正常化され健康なサラサラ血液へと改善することができるのです。

 

DHA・EPAといった成分は魚、特に青魚に多く含まれる成分ですが、現代の日本人の多くはDHA・EPA不足に陥っている方がとても多いと言われています。

 

最近の食生活を思い返してみて下さい。毎日、青魚を食べていますか?そういえば、あまり食べてないな・・・と感じる方が多いのではないでしょうか?DHA・EPAといった成分は、体内で生成されない必死脂肪酸の為、毎日の食事で摂る必要のある成分です。

 

しかし、食生活で毎日摂るのは難しいという方がとても多いのが現状。最近は、こうした方に向けてDHA・EPAのサプリメントなども販売されていますので、毎日の食事で摂るのが難しい場合は、補助的にサプリメントを使用するのもおすすめです。

ドロドロ血液は命に関わる!?血液サラサラが良い理由

テレビや雑誌などの健康情報特集などでよく見聞きするサラサラ血液とドロドロ血液。身体にとっては血液がサラサラしている方が良く、ドロドロ血液は健康を害する危険があるということはご存知の方も多いでしょう。

 

何故、血液がドロドロだといけないのでしょうか?

それは、重篤な病気を含む様々な病気の原因となってしまうからです。

血液というのは、血管を通じて全身に行き渡っており、様々な器官や臓器の働きになくてはならない存在です。

 

しかし、全身へと行き渡るべき血液がコレステロールや中性脂肪を多く含みドロドロしていると・・・?血液の流れが悪くなる上、動脈硬化を起こしやすくなってしまうのです。

 

動脈硬化とは!?

加齢によって血管壁が硬くなることに加え、ドロドロ血液によって血管が狭くなり血液の流れが滞る状態をいいます。

 

動脈硬化になるとどういったリスクがあるのでしょう?

心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞などの血管系疾患を引き起こしやすくなってしまいます。

ドロドロ血液は命に関わる

医学が進歩しているとはいえ、動脈硬化によって引き起こされる病気には、命に関わる疾患や命は助かっても後遺症が残る可能性の高い疾患が多いです。こうした重篤な疾患を予防する為には、動脈硬化を予防、即ち、ドロドロ血液を改善・予防する必要がある訳です。

ドロドロ血液の原因

様々な病気の原因となってしまうドロドロ血液ですが、何故、血液がドロドロしてしまうのでしょう?

 

ドロドロ血液の大きな原因
  • コレステロール過多
  • 中性脂肪過多

 

血液がドロドロしているということは、血液中にコレステロールや中性脂肪が多い証拠なのです。通常、血液というのはサラサラしていますが、血液中にコレステロールや中性脂肪が多くなってしまうと血液に粘り気が出てドロドロしてしまいます。その為、ドロドロ血液を改善するには、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を正常にする必要があるのです。

サプリの期待できる効果別ランキング

 

DHA&EPAサプリ40選の口コミ一覧はこちら

スポンサードリンク